INTERVIEW

現場を一人で任せてもらえるようになりたいと強く感じます。

パイプメンテナンス工事部 | 2015年4月入社
谷口 椋

OBCCへの入社を決めた理由

若手社員でも責任ある仕事を任せていただける

就職活動で数社受けた中で、大阪防水建設社が一番何でも話をしてくれた会社でした。いい面だけでなく悪い面もしっかり教えてもらい、全てを話してくれている会社だと感じました。その時、当社で働くことを決めました。また若手社員でも責任ある仕事を任せていただける環境と知り、私の学生時代に培った体力と根気を存分に発揮し、より早く業務を吸収して現場を一人で任せてもらえるようになりたいと強く感じました。

仕事内容

老朽化した上・下水道管やガス管を改築し、地震が起こった時に管が壊れないよう更生する

私はパイプメンテナンス部に所属しています。老朽化した上・下水道管やガス管を改築し、地震が起こった時に管が壊れないよう更生する部署です。現場監督として協力業者さんが仕事をしやすいように段取りをしたり、事故が起きないよう安全に配慮したりしています。特に、最近ではゲリラ豪雨が多いため、急な増水による事故を防ぐため雨雲レーダー等で状況を調べ、雨が降りそうな場合、管内にいる作業員に地上に上がるよう声をかけます。また現場での外仕事だけでなく、原価計算、書類作成、元請さんとの打合せも行っています。

OBCCに入社してよかったこと

相手にわかりやすく伝える力やコミュニケーション力が高められた

上司や先輩がとても優しく、入社して間もない頃に緊張している私にたくさん声を掛けてもらい、おかげで早く会社に慣れることができました。また、仕事に不慣れな私のサポートをしてくれたり、わからないところを丁寧に説明していただいたり、理解できるまでしっかりと向き合って接してもらえました。たくさん人と接する仕事のため、人の前で説明しなければならない場面が多く相手にわかりやすく伝える力やコミュニケーション力が高められました。

仕事への誇り

決められた工期内で事故無く安全に仕事を終わらせる

工事現場では決められた工期内で、事故無く安全に仕事を終えることが大切です。工期内で仕事を終わらせるためには作業を行う皆さんが、快適かつ円滑に仕事を進められるように段取りをする事と、細かな現場状況の説明や元請さんとの連絡を密にし、現場内容に食い違いが発生しないようにしています。安全面においては管内の急な増水や、車道での現場が多いので作業をする方と通行車両との接触がないよう注意をしています。今後も作業条件が厳しい現場があると思いますが工期遅延の無い様、安全に現場を終わらせていきたいです。

他の社員のインタビューを見る

ENTRY