INTERVIEW

無事に現場が終わると、他では味わえないような達成感を得ることができます。

地盤工事部 | 2017年4月入社
橋本 和憲

OBCCへ入社を決めた理由

とても和やかな雰囲気で、社員の方々がのびのびと仕事をしている

大学では、情報系の分野を専攻していましたが、学ぶうちに、自分には合っていないと感じました。そこで、就職は全く別の分野に挑戦してみたいと思い、この業界への就職を決めました。大阪防水建設社の説明会に参加した際に、会社の見学をさせてもらう機会がありました。その際に、会社の雰囲気がとても和やかで、社員の方々がのびのびと仕事をされていたため、当社への入社を決めました。

仕事内容

高圧撹拌噴射工や薬液注入工などを施工する、地盤改良工事の現場の施工管理

私は、地盤工事部に所属しており、高圧撹拌噴射工や薬液注入工などを施工する、地盤改良工事の現場の施工管理を行っています。
工事を施工するにあたって、現場での安全、品質、工程、原価を管理しています。初めは上司に同行し、現場の進め方から学んでいきます。
後に、機材等の段取り、現場写真の管理、必要書類の作成等、現場を管理する上で必要な業務を学んでいきます。
これから数々の現場を経験させていただき、いつか1人で現場に立って一人前になる事を目標に仕事をしています。

OBCCに入社してよかったこと

親切丁寧に仕事を教えてくださる先輩方

私は大学では違う分野を専攻していたということもあり、土木に関しての知識が全く無く、これから私が現場を管理していくと思うと正直不安でいっぱいでした。しかし先輩方が親切丁寧に仕事を教えてくださり、写真の撮り方や書類の書き方などの管理の方法を少しずつ覚えることができました。無事に現場が終わると、他では味わえないような達成感を得ることができました。また、1つの現場の中で様々な方々と関わることができ、入社してよかったと心から思いました。

仕事への誇り

責任とやりがいがある

現場監督という仕事は、現場以外でも段取りや写真の管理や書類の作成など様々な仕事があり、やるべきことが多く、とても大変な仕事だと思います。また今はまだ、上司に同行し、現場でたくさんのことを学ばせてもらっていますが、1人で現場を任された際には、不安だらけだと思います。しかし、その分やりがいもあると思うので楽しみでもあります。現場での安全、品質、工程、原価の管理を怠らず、責任を持ち、1日1日確実に成果を上げ、より良いものを作ることができれば、よりやりがいを感じ、人脈を広げることができる仕事だと思っています。

他の社員のインタビューを見る

ENTRY