INTERVIEW

後輩に入社して良かったと思って貰えるよう努力していこうと思います。

防水工事部 | 2016年4月入社
畑中 隆椰

OBCCへ入社を決めた理由

大きな都市計画工事に携わりたい

私は、施工管理という仕事が何をするのか。漠然としたイメージしか持っていませんでした。しかし、大きな都市計画工事などに携われる仕事に就きたいと考えており、大阪防水建設社の独自で開発した工法や材料に興味を持ちました。
会社に訪問した際に、実際に働いている様子や社内の雰囲気を感じさせていただき、また若手の社員も多く活躍させていると聞きました。これが、この会社で働きたいと思ったきっかけです。

仕事内容

現場での施工管理を担う

弊社では、現場での施工管理が主な仕事となります。施工管理の仕事は、工事が始まる前に現場を見に行き、打ち合わせを重ね実際に工事が始まれば、作業員の手配や材料・機材の発注・写真整理を行うのが、主な流れとなります。
新人の社員は、先輩方の現場に一緒に同行し、仕事の流れを見せてもらい先輩の仕事の手伝いをしながら、仕事を覚えていくことになります。特殊な工法での作業が、多くなりますので、最初は全く分からなくて当然です。サポートして貰えますので焦らず、着実に学べる環境です。

OBCCに入社してよかったこと

若手社員を気にかけてくれる環境

少しずつですが、仕事を覚えていくと自分の仕事を与えられます。自分ができる仕事量を上司が見て、無理のない仕事を与えられることで、自分も会社の一員として仕事をしている、戦力になっている。と「やりがい」を感じることができます。それだけ若手社員に気をかけてもらえる環境で仕事ができていることに感謝しており、私は入社して良かったと思います。
また、私もそのような先輩になり、後輩には「入社して良かった」と思ってもらえるように努力していこうと思っています。

仕事への誇り

長い歴史を積み上げてきた先輩方と、共に仕事ができる

弊社は防水工事から始まり、長い歴史のある老舗の会社として知られています。現場に出て仕事をするということは、先輩方が積み上げてきた会社のブランドや、お客様からの会社のイメージに恥じない仕事をしなければなりません。若手の社員にとっては大変なことですが、大阪防水建設社の社員である誇りを持って仕事をしています。
他にも、社内では緊張感もありますが、笑顔の多い職場だと思っています。そのような方々と仕事を共にできることは、私にとってこの仕事をしている誇りです。

他の社員のインタビューを見る

ENTRY